JYUKAN-樹冠とは


樹冠とは 林業用語で樹木の枝や葉がつくる冠状の構造を指します。表に現れる 枝や葉から その木の成長を測るそうです。森林の中でどのように生息しているか…他の種と混生していたり 独立していたり、などの特徴が外観に現れます。
樹木だけでなく 人もまた 外観ー身体に その人の 今まで生きてきた積み重ねが 目に見えるものとなってあらわれます。
口に入れたもの、普段の姿勢、生活環境、思考パターンなど。 無意識に何度もくりかえされた行動、生き方の結果が 身体です。
今の自分を見つめ 過去を受け入れ 未来に紡いでいく。まるで 木が大地に根を生やし 太陽に向かって伸びていくような。
そんな 自然の流れのお手伝いが できれば、という願いを込めて 「JYUKAN」と名付けました。